2021/04/28 更新
ペット用CBDオイルについて!!

くるみ薬店からペット用CBDオイルを販売しております。

大切なペットちゃんの不調や、健康維持にお役立て下さい!!

使用された多くのペットちゃんの改善が報告されています。

私共が取り扱うペット用CBDオイルは、犬猫兼用で、ベースとなるオイルは犬猫の肝臓の負担の少ない、吸収率の良い、抗酸化作用のあるサチャインチを使用しております。

味付けは特にしていませんので、ナチュラルな独特の風味のある物です。

犬猫の大きさ(体重)や症状に合わせて与える量は変わってきますので、お買い上げの際に別紙に書いている量を目安にして下さい。

おわかりにならない場合はお問合せ下さいませ。

与え方は、餌にかける。おやつにかける。手のひらに載せて舐めさせる。

そのままスポイドで与えるのは悪くないですが、衛生面と安全面(スポイドはガラス製なので)を考えると、そのままより、何かに移してから与える方が好ましいです。

ご質問等ございましたらお気軽にお問合せ下さいませ。



2021/04/25 更新
13歳の男の子の母さんへ

それはそれは、色々と大変な思いをされてきましたね。
今回、くるみ薬店のメディプロをご利用下さり、体感などの評価の高い嬉しいコメントをありがとうございました。これが、お役に立つ事を本当に嬉しく思います。

魔法の薬ではないので、すぐに治ってしまう!とかないですが、徐々に少しづつ楽になっていくようになればというくらいの気持ちで、根気よく使用を続けていってもらえたらと思います。おっしゃる通り、安い物ではないのですが、あれもこれものサプリなどを、CBDオイル一本にしたら、逆にコストは低くなると思います。また、こうして世の中に広がって、必要な方が多く使用してくれるようになると、また販売コストも下がってきますので、私が目指しているのはそこで、必要とされているエンドユーザーさんに負担が少なく活用して頂ける価格で販売出来るようにする。という事です。

こんなご感想、体験談を頂けると、まだ使った事のない方への参考にもなりますし、使用者同士の情報交換の場になって大変良いんじゃないかと思っています。

どうぞ今後共、皆さん、ご体験、ご感想を送って下さいませ。
宜しくお願い致します。

くるみ薬店 サポーター



2021/04/23 更新
メデイプロCBDオイルをお子さんに飲ませているお母さんの感想文です。

13歳の男の子の母です。はじめに、うちの子がCBDオイルにたどり着くまでの経緯をお伝えします。

生まれてからずっと元気な子でしたが、2歳の終わりごろからさまざまな不調が出はじめました。数か月原因がわからず、3歳でやっと病名がわかったときには、なんと9cmもある脳腫瘍だというではありませんか! 緊急手術で一命をとりとめたものの、その手術で腫瘍は全然取りきれず、再発手術と放射線をくり返していました。
そんななか、いろいろ調べるうちにゴッドハンドに巡り合い、そこから4回の手術を経て、10歳で腫瘍を全摘していただきました。腫瘍は良性で、術後4年たって再発がないので、たぶん取りきれているんだと思います。あとはよくなるだけ、そう思ってがんばっていましたが……。

腫瘍がなくなった=生命の危機を脱したものの、それと前後して、けいれん発作を起こすようになってしまいました。その頻度が月1回から週1回に増え、多い時は毎日7〜8回も発作で転倒して動けなくなることがありました。
それからいまに至るまで、保険適用の抗てんかん薬をいろいろ試しています。効果があっても副作用が苦しすぎたり、副作用はないけどなんら効果がなかったり……。その後やっと合う薬が見つかったのですが、1年半くらいで効かなくなってしまいました。現在の発作頻度は、週1回前後といったところでしょうか。

そんな感じで難航しているため、これまで自費診療も含めてさまざまな治療を試してきました。歯髄細胞を使った神経再生があると聞けば試し、オーソモレキュラーという栄養療法があると聞けば試し、いまはサイトカインによる脳神経再生治療を受けています。
はじめて医療用CBDオイルを使ったのは2年前、オーソモレキュラーのクリニックで状況を話したところ、副作用がないということで処方してくださったのがきっかけです。当時は抗てんかん薬に加えて朝夕1mgずつ使用して、数か月発作のない状態がありました。副作用もなかったです。使い続けてもよかったのですが、新しく始めた脳神経再生に期待していちど中断しました。新しい治療が高額だったため、両方はお金がかかりすぎるという事情もありました。

脳神経再生治療で発作が多少減ったものの、なくなりはせず、以前から期待していたエピディオレックスの国内治験もなかなか始まらないので、医療グレードのCBDオイルがリーズナブルに入手できる方法をネットで検索しました。そこで、以前使っていたものより少し低価格で提供している、くるみ薬局の存在を知りました。とくに気になったのは「いちご味」「バナナ味」という子供用が売られていたこと。うちの子は後遺症が多く、抗てんかん薬以外にも多数の薬を服用しているので、少しでも薬のストレスを減らしてあげたくて、子供用の味というのは魅力に感じました。

さっそく「いちご味」を送っていただいただいたところ、たしかにいちごの香りがして、以前感じた草っぽい感じは緩和されていると思いました。子どもがスプーンで口に入れると、「前のよりいい!」と言っていました。とくにおいしいものではないのですが、薬と考えれば十分に納得できます。

効果については、1日0.5mgから始め、発作が起こってしまうたびに0.5r増やして、いまは朝夕1mgずつの1日2mgで使っています。2rに増えてから10日ほど発作がなかったので、少し発作が減っているかもしれません。体重的にはもう少し増やせますが、コストを考えて2mgで止めています。
まだ使った期間が短いので、もうしばらく続けてみて、効果や使用量を見極めたいと思います。主治医によると、成長期で脳の活動が活発なため、状態が一定にならない時期のようなので、様子を見ながら気長にやっていく感じです。



2021/04/23 更新
いつもくるみ薬店のMediProCBDオイルをご利用くださり誠にありがとうございます。私は、くるみ薬店MediProCBDオイルを生産させて頂いておりますGreen health lifeのストロバーム美智と申します。

MediProCBDオイルの製品についてご説明させて頂きたいと思います。MediProCBDオイルの元(素材、原料)となるヘンプは、アメリカのコロラド州という日本に例えると北海道の北のとでもいいましょうか、広大な空気の良い土地で育った物です。有機栽培(オーガニック)いわゆる無農薬で生産しています。一概にオーガニックと言いましても、アメリカではオーガニックの基準が高く、過去最低5年間は農薬を一切使用していない土地である事が義務付けされており、例えば昨年まで農薬を使っていて、今年から農薬を使わず栽培した物はオーガニックと認定されません。厳しい検査を受け認定された土地で、なおかつ無農薬で育てたヘンプが原料となっております。無農薬で育てると言う事は農家の方ならお分かりだと思いますが、大変難しい事です。そこで品種改良を積み重ね、害虫に強い品種を産出し、また、害虫を食べる生物を使用し、頻繁に作物をチェックして害虫予防をしながら手間暇けて育った物です。私達のヘンプは、さまざまな気候に対してでも成長できるように最適化し、高CBDの株を作成し、収穫後の加工時に前例のない高品質の均一性と一貫性を示しています。またヘンプからCBDを取り出す工程にもこだわりオーガニック製法を利用しています。このように、種から、くるみ薬店のMediProCBDオイルに出来上がるまで一貫して生産されている物を皆様にご提供させて頂いております。このように種を植え付け、ヘンプを育て収穫し、原料を精製し、商品に仕上げるまで一貫している所は、混ざりものない高品質商品である事は私達の誇りの象徴です。

このメディカルCBDオイル製品で多くの皆様にお役に立てたら光栄です。
Green health life ストロバーム美智



2021/04/21 更新



menu前ページTOPページ次ページspace.gif